なぜ入る気のなかった、zoom集客の学校に入学したのかを書こうかと思ったのですが…
書きたいことが浮上して、それをどうしても書きたくなったのでそっちを書きます(^.^;

 

今日のテーマ「専門家とな何か」です。

もしあなたが

  • 自分の商品に自信がない
  • この商品を欲しい人はいるんだろうか?
  • 私がしていることなんて、誰にでもできる

と思えて、なかなか行動を起こせてないなら役立つ内容になっています(^^)

  • あなたにしか、できないことがあります
  • あなただから、できることがあります。

そのヒントが、見つかると思います(^^)

 

 

zoom集客の学校では、受講生をサポートするためのコミュニティがあります。

  • zoomの使い方
  • zoomトラブルの対応
  • パソコンの使い方
  • パソコントラブルの対応
  • パワーポイントの使い方

…etc

などなど、オンラインビジネスを始めたい初心者に寄り添ったサポートが充実してるんです。
オンラインビジネス初心者には、ありがたいサポートです。

 

 

しかし私は昨日も書いたように、WEB業界にずっといたのでオンラインビジネスをする上でのパソコン操作はそこそこできます。
長年パソコンに触れてきているし、ネットにも触れてきているので、ある程度『勘』でできちゃうんです。
更に、完璧も求めてないので自分の目的が達成して、お客様も満足するなら正直何でも良いという考えもあります。

だから、いちいち迷わないというか、迷い続けない(^.^;

できない部分は「目的を明確にして、自分ができる方法」に落とし込むので、ツールにもこだわらないし…
ある意味、適当力が良い感じに働くんです。

だから、私のような人にはこの
オンラインビジネスを始めたい初心者に寄り添ったサポートは、要らないように見えるかもしれません。
ですが、そうではありません。

 

 

私は気づいてしまったんです!!!
ここのスタッフ…

いや。。先生方の

  • 本気の本気度
  • 徹底した寄り添い度

そしてそれが、専門家の専門家たる所以だということに!!

 

 

私は幸にも不幸にも適当力があります。
ある意味、強みでもありますが弱みでもあります(^.^;

適当力があるので、柔軟性があります。
なんなりと融通が効きます。
本来の目的からズレさえしなければ、ある程度対応します。
だから会社勤めだと、重宝がられるんです。

ですが、悲しいことに私の適当力に「再現性」がありません。
再現性を作ろうともしてこなかったから、なくて当然なんですが…
※再現性を作るためには、基礎の理解は必須です

 

 

zoom集客の学校の先生方は、そういった「再現性」を個々人が持つためには、基礎をしっかりマスターすることの重要性を深く理解されているのだと感じます。

だから、どのような質問にも、1人ひとりに何が起こっているのかを丁寧に聞き取ります。
質問者は、突然のトラブルにパニクっているし、時にその文面から怒りさへ感じることもあります。
そういった場合、的を射ない質問にもなっていて、お困りの状況が掴みきれない文章になっていることもあります。

それでもスタッフの先生方は
冷静に、丁寧に、質問者がちゃんと状況を伝えられるように、丁寧に聞き取りを行っています。
そして解決策を提示する際は、今後同じことで躓かないように、解決策だけでなく気をつけるポイントなども伝えられていることも見かけました。
それは、いつか卒業する生徒さんが後々困らないように、ご自身で解決できるようにと、卒業後も考えたサポートなんですよね。

 

専門家って、こうなんだ…
専門家になるって、そのカテゴリのことに詳しい人を言うのではなく
そのカテゴリでお困りの方を、深く理解してる人なのかもしれない。

そんな風に感じたのでした(*^^*)

私はそのカテゴリのことに精通している人が、専門家だとずっと考えていました。
そのカテゴリの中で「困っている人」を見る。捉える。寄り添う。理解しようとする。
それができて初めて専門家と言えるのではないか!
そんな風に感じました(^^)

 

学びはどこにでもあります。
自分が知ってることの中にも、まだまだ学びはあります。

おもしろいです(^^)

 

zoom集客の学校には、集客・売上アップを目指して入学しました。
まさか「専門家とは」について学ぶことになるとは!
と驚きです(^.^;

だけど、この学び取ったことは今の私にとってとっても重要な学びとなった出来事でした(^^)